一条真也の「真心」コラム

Vol.103
14.10.15

グラウンド・ゼロ

~永遠のモニュメント~

こんにちは、一条真也です。
ニューヨークに行ってきました。わたしが会長を務める全国冠婚葬祭互助会連盟(全互連)の米国冠婚葬祭事情視察ツアーに参加したのです。J・F・ケネディ空港に到着すると、時差ボケのまま市内観光に出ました。
ニューヨークを訪れたのは、本当に久しぶりです。というか、アメリカ本国そのものに15年以上来ていませんでした。もちろん、2001年9月11日の「米国同時多発テロ」以降も来ていません。
学生時代やプランナー時代は毎年のようにニューヨークに来ていましたが、ずいぶん御無沙汰していました。バスの窓から見る光景も、なんだか新鮮でした。
わたしたちはマンハッタンの各所を回りましたが、個人的に「グラウンド・ゼロ」が最も強く印象に残りました。Wikipedia「グラウンド・ゼロ」には、以下のように書かれています。
「グラウンド・ゼロ(英: ground zero)とは、英語で『爆心地』を意味する語。強大な爆弾、特に核兵器である原子爆弾や水素爆弾の爆心地を指す例が多い。従来は広島と長崎への原爆投下爆心地や、ネバダ砂漠での世界初の核兵器実験場跡地、また核保有国で行われた地上核実験での爆心地を『グラウンド・ゼロ』と呼ぶのが一般的であった。しかし、アメリカ同時多発テロ事件の報道の過程で、テロの標的となったニューヨークのワールドトレードセンター(WTC)が倒壊した跡地が、広島の原爆爆心地(原爆ドーム、正確には原爆ドーム近隣の島病院付近)を連想させるとして、WTCの跡地を『グラウンド・ゼロ』とアメリカのマスコミで呼ばれ、これが定着した」
現在、世界貿易センターの跡地には「9・11メモリアル」のモニュメント、そしてフリーダムタワー(Freedom Tower)が建っています。フリーダムタワーは2009年に「ワールド・トレード・センター・コンプレックス」と名称変更され、2014年の終わり頃に完成予定です。
完成後、フリーダムタワーを訪れて、中に入ってみたいです。
日本人にはあまり知られていませんが、9・11以降じつに半年にわたってニューヨークの人々は悪臭に苦しめられたそうです。雨が降ると、街中にプラスチックの焼ける臭いが立ち込めました。グラウンド・ゼロの地下では、ずっと火が消えておらず、くすぶり続ける大量の瓦礫が山のように積み重なっていました。雨が降ると、それらが自然鎮火されてプラスチックを焼いたような悪臭が漂ったのです。ダウンタウン一帯が悪臭に包まれ、30分もすると頭が痛くなってきたとか。そんな話、わたしは初めて知りました。 そんな歴史を持つ場所に新しい風景が生まれていました。
わたしはグランウンド・ゼロで犠牲者の冥福を祈って合掌し、心からの祈りを捧げました。帰り道、犠牲者のための寄付を募っていました。わたしが貧者の一灯を募金箱に入れると、「9/11 MEMORIAL」と書かれた白いリストバンドを貰いました。大切にします。
わたしは、2001年9月11日に起こった米国同時多発テロ事件に強烈なショックを受けました。
わたしは同年の10月1日に株式会社サンレーの社長に就任しました。その直前に、あの大事件が起こったわけです。ニューヨークの世界貿易センタービルでは、じつに2753人が犠牲になりました。そして、9・11同時多発テロには多くの日本人犠牲者もいました。1999年7の月にノストラダムスが予言した「恐怖の大王」も降ってこず、20世紀末の一時期、20世紀の憎悪は世紀末で断ち切ろうという楽観的な気運が世界中で高まり、多くの人々が人類の未来に希望を抱きました。
20世紀は、とにかく人間がたくさん殺された時代でした。
何よりも戦争によって形づくられたのが20世紀と言えるでしょう。
もちろん、人類の歴史のどの時代もどの世紀も、戦争などの暴力行為の影響を強く受けてきました。20世紀も過去の世紀と本質的には変わらないが、その程度には明らかな違いがあります。本当の意味で世界的規模の紛争が起こり、地球の裏側の国々まで巻きこむようになったのは、この世紀が初めてなのです。なにしろ、世界大戦が1度ならず2度も起こったのです。
その20世紀に殺された人間の数は、およそ1億7000万人以上といいます。そんな殺戮の世紀を乗り越え、人類の多くは新しく訪れる21世紀に限りない希望を託していたのです。
しかし、そこに起きたのが2001年9月11日の悲劇でした。テロリストによってハイジャックされた航空機がワールド・トレード・センターに突入する信じられない光景をCNNのニュースで見ながら、わたしは「恐怖の大王」が2年の誤差で降ってきたのかもしれないと思いました。
いずれにせよ、新しい世紀においても、憎悪に基づいた計画的で大規模な残虐行為が常に起こりうるという現実を、人類は目の当たりにしたのです。
あの同時多発テロで世界中の人びとが目撃したのは、憎悪に触発された無数の暴力のあらたな一例にすぎません。こうした行為すべてがそうであるように、憎悪に満ちたテロは、人間の脳に新しく進化した外層の奥深くにひそむ原始的な領域から生まれます。
また、長い時間をかけて蓄積されてきた文化によっても仕向けられます。それによって人は、生き残りを賭けた「われら対、彼ら」の戦いに駆りたてられるのです。
グローバリズムという名のアメリカイズムを世界中で広めつつあった唯一の超大国は、史上初めて本国への攻撃、それも資本主義そのもののシンボルといえるワールド・トレード・センターを破壊されるという、きわめてインパクトの強い攻撃を受けました。その後のアメリカの対テロ戦争などの一連の流れを見ると、わたしたちは、前世紀に劣らない「憎悪の連鎖」が巨大なスケールで繰り広げられていることを思い知らされました。まさに憎悪によって、人間は残虐きわまりない行為をやってのけるのです。そんなことを考えて、わたしは『ハートフル・ソサエティ』(三五館)を書きました。
この日の夜、ホテルに戻ったわたしは、「新世紀 開けて間もなき悲しみを われら忘れじ ゼロは永遠」という歌を詠みました。 2753人の犠牲者の御冥福を心より祈りつつ・・・・・・

作家:一条真也

書籍のご紹介

『ハートフル・ソサエティ』(三五館)
『決定版 終活入門』(実業之日本社)
『決定版 冠婚葬祭入門』(実業之日本社)
『世界一わかりやすい「論語」の授業』(PHP文庫)
『礼を求めて〜なぜ人間は儀式を必要とするのか』(三五館)
『慈を求めて〜なぜ人間には祈りが必要なのか』(三五館)
『慈経 自由訳』(三五館)
『図解でわかる! ブッダの考え方』(中経の文庫)
『徹底比較! 日中韓しきたりとマナー』(祥伝社黄金文庫)
『開運! パワースポット「神社」へ行こう』(PHP文庫)
『茶をたのしむ~ハートフルティーのすすめ』 (現代書林)
『花をたのしむ~ハートフルフラワーのすすめ』 (現代書林)
『灯をたのしむ~ハートフルライティングのすすめ』 (現代書林)
『香をたのしむ~ハートフルフレグランスのすすめ』 (現代書林)
『命には続きがある~肉体の死、そして永遠に生きる魂のこと』(PHP研究所)
『死が怖くなくなる読書~「おそれ」も「かなしみ」も消えていくブックガイド~』(現代書林)
『涙は世界で一番小さな海~「幸福」と「死」を考える、大人の童 話の読み方』 (三五館)
『のこされた あなたへ〜3.11 その悲しみを乗り越えるために』(佼成出版社)
『隣人の時代〜有縁社会のつくり方』(三五館)
『葬式は必要!〜最期の儀式に迷う日本人のために』(双葉新書)
『ご先祖さまとのつきあい方~お盆、お彼岸、墓参り、そして無縁社会を乗り越える生き方』(双葉新書)
『愛する人を亡くした人へ~悲しみを癒す15通の手紙』  (現代書林)
『また会えるから』  (現代書林)
『思い出ノート』 (現代書林)
『ロマンティック・デス~月を見よ、死を想え』 (幻冬舎文庫)
『魂をデザインする~葬儀とは何か』 (国書刊行会)
『最期のセレモニー~メモリアルスタッフが見た、感動の実話集』 (PHP研究所)
『むすびびと~こころの仕事』 (三五館)
『結魂論~なぜ人は結婚するのか』 (成甲書房)
『老福論~人は老いるほど豊かになる』 (成甲書房)
『世界をつくった八大聖人~人類の教師たちのメッセージ』 (PHP新書)
『面白いぞ人間学~人生の糧になる101冊の本』 (致知出版社)
『人間関係を良くする17の魔法』 (致知出版社)

一条真也氏のプロフィール

作家・経営者・平成心学塾塾長・大学客員教授 1963年福岡県北九州市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒

コラム検索

過去のコラム