早わかり お墓の基礎知識

早わかり お墓の基礎知識

墳墓(墓地)と納骨堂 最近は洋型も人気

「お墓」と一般的に言っていますが、お墓には大きく2種類あります。
一つは「墳墓 (ふんぼ)」と言われるもの、住宅で言えば独立型の家屋、一軒家に相当します。墓地に置かれ区画が分けられてそこに建っているものです。
それに対して住宅ではマンション等の集合住宅に相当するのが「納骨堂」です。

「お墓」と言えば和型の三段墓を想定しがちですが、北海道や九州では納骨堂の利用も盛んです。納骨堂とは一つの家屋の中にたくさんの遺骨収容スペースが設けられたものです。
墳墓にも墓石のタイプで大きく分けて2種類あります。伝統的な和型の三段墓が主流ですが、首都圏では横型の洋型が最近では人気を集めています。

墓地は勝手につくれない

墳墓つまりお墓は墓地に置かれています。この墓地は勝手に作ることができません。都道府県の許可が必要で、経営主体は地方自治体、財団法人、宗教法人に限定されています。実際の許認可の事務は市区町村の保健所が行っています。株式会社に経営が許されていないのは墓地の永続性の観点からです。
でも最近では財団法人や宗教法人の倒産もあり、お墓選びには経営主体の財政が健全かというチェックも欠かせません。
昔からあった共葬墓地(部落有墓地)や個人墓地は、継続使用は認められていますが、新しく作ることは認められていません。ですから、自分の家の庭が広いからといって、そこに墓を作ることはできません。

墓地の種類

墓地はその性格から3つに分けることができます。

  • 地方自治体の経営する公営墓地
  • 財団法人や宗教法人等の公益法人が経営する民営墓地
       …この2つは一般に「霊園」と言われています。
  1. いわゆる寺墓地、正確には「寺院境内墓地」と言われるものです。

一般に「霊園」と言われる公営墓地、民営墓地では宗旨が問われることはありません。宗旨は自由です。
これに対して寺院境内墓地はそのお寺の檀家であることが使用条件になります。檀家になるのですから、お葬式をその寺の僧侶に行ってもらい、戒名(法名)をつけてもらうのが一般的な原則となります。

墓所の土地は借地

また、一般的な表現として「お墓を買う」という言い方をしますが、墓地の土地は「買う」ものではなく「借りる」ものです。
つまり「墓所として使用する権利」を買うのです。期限が定められていないことが多く、そのため「永代使用料」という言い方がされますが、使用者がいる限りということです。
お墓の承継者がいなくなると「無縁」になり使用する権利は失われます。

お墓の跡継ぎ「祭祀承継者」

お墓の承継者は男子と決まってはいません。結婚し姓が変わった娘でも立派な承継者です。
70年代頃には「うちは女の子だけだから墓の跡継ぎがいない」と心配されましたが、いまはそのようなことはありません。 また、「次男だから墓を別にしなければならない」ということもありません。  

法律的には墓の承継者は「祭祀主宰者」ということで、これは特に本人の指定がなければ「慣習による」となっています。配偶者か子か相談して決めればよく、決まらなければ家庭裁判所が決します。本人が遺言その他で祭祀主宰者を指定しておけば、その人が墓の承継者、つまり使用者となります。

墓の使用者が拒否すると入れられない

墓の使用者の権限は大きなものがあります。誰の遺骨をその墓に入れるかということは使用者の権限です。入れるも拒否するも使用者に権限があります。  

兄弟で親の墓を作った。そして長男が使用者となった(使用者は一人です)。その兄が死んで、その兄の息子が承継し使用者になった。弟が自分もお金を出して作った墓だからそこに入りたいと言ったら、甥が拒否して入れなくなった、というのはよくある事例です。もちろん甥がいいと言えば入れるのです。

お墓の費用

お墓イメージ お墓の費用というのは、

  • 墓所として土地を使用する権利、つまり使用料。
  • その墓所の周囲に外柵を作ったり、遺骨を納骨するスペースであるカロートの工事をしたりという基礎工事の費用
  • 墓石の費用です。
この3種類の費用がお墓を作る際に必要となるお金です。これが一般的に150万円〜250万円くらいかかると言われています。もちろん郊外は安いし、都心は高いし、墓所も大きければ高いし、小さければ安いです。墓石も和型三段墓は外柵工事もいるので高く、洋型のほうが安いです。といっても墓石の材料(石材)によっては値段が変わってきます。国産石材は輸入石材の2倍以上もするのがあります。現在は輸入石材の使用がほとんどです。

墓地の管理料

費用はほかに毎年管理料がかかります。1万円前後が目安になります。
しかし、この管理料は墓地全体の管理のための費用で、その家の墓所内の掃除、草取りなどの管理は自分たちでしなければなりません。それを請け負う業者もいます。

<引用元> 表現文化社  碑文谷 創 http://www.sogi.co.jp/