遺産相続はある日突然に訪れます。
相続手続きには様々な種類があり、時間と労力が必要です。
その中には知らないと損をする相続手続きもあり、
風のあしあとでは最低知っておくべき相続手続きの種類や様々な事例をご紹介いたします。

  • 相続手続きトップ
  • 手続き事例
  • 相談事例

90種類以上もある相続の手続き

葬儀イメージ

日本の社会は、申請主義が原則となっているため、本来ならば申請すればもらえるべき費用が、申請を行わないことによってもらえなくなることがあります。
しかし、情報化社会の中で、人の死亡にまつわる手続きというものは、なかなか経験することでなく、知らないがために経済的な不利益を被っていることも多々あります。
葬儀後の手続きは、代表的なものだけでも90種類以上あり、短期間のうちに正確に全ての手続きを完了させることは至難の業と言えます。
全ての必要な手続きを確認せずに、場当たり的に手続きを始めてしまうと、自分以外の相続人の人に、何度も印鑑証明書の提出を追加請求することが発生したりすることもあり、そういうことが円満な親族関係に疑心暗鬼な感情をもたらす原因になることもあります。
いかに段取りよく、必要な書類はまとめて依頼することがスムーズに行うコツであると言えるでしょう。

主な相続の手続きでもこんなに多くあります。

もらえる手続き 引き継ぐ手続き
・生命保険 ・高額医療 ・入院保険 
・年金等 ・簡易保険 ・埋葬料 
・遺族一時金 ・その他
・自動車保険 ・自動車 ・火災保険
・公共料金  ・預貯金の口座  
・有価証券等 ・電話加入権
・賃貸借契約等 ・その他
やめる手続き 専門家に依頼する手続き
・クレジットカード ・携帯電話 
・借入金等  ・リース契約 
・各種会員登録 ・その他
・登記関係 ・裁判関係 ・年金関係
・税務関係 ・財産評価関係 ・その他

相続手続き代行します

情報提供:相続手続支援センター本部(シグマジャパン株式会社)

  • 相続手続きトップ
  • 手続き事例
  • 相談事例